<マイナンバー制度> 職場にマイナンバーを提出することになります

04

平成28年1月から開始されるマイナンバー制度。
サラリーマン家庭にとってまず必要な作業は、勤務先にマイナンバーを提出することになります。
これは、企業が従業員の労務手続きを行う際にマイナンバーを記入する必要があるのです。マイナンバーの提出がない場合には、健康保険の加入、厚生年金の加入、雇用保険に関する手続きができません。雇用主としては一大事となるわけです。

また年末に企業が行う年末調整にも影響が出てしまいます。マイナンバーの提出は、従業員及び従業員の家族のマイナンバーとなります。アルバイトやパート、外部委託をしている場合にもマイナンバーを提出してもらう必要があるのです。

関連記事

PR

ページ上部へ戻る